--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-05

諸君、私は帰ってきた!!

久々に本編新作です


既に広告があってビビッタw
szkさん、有難う御座います!

いや~久々過ぎてキャラ設定とか色々と忘れ気味で困り申した。


以下、第7話の裏話とか色々。
今回の話は、合作に取り掛かる前後から考えていました。
なので、「とにかく形にしたい!」という勢いで作られたモノだったりします。

一番書きたかったのが、
「乙女な真が真逆の男になりたがる」
「真(女)じゃなく、真(男)がプロデューサーに惚れる」
この2つです。
そういった願望を持つ真って珍しいような気がしてたので。

で、その気持ちに持って行くにはどうすれば良いかを考えたときに、
ふと、あるゲームを思い出しました。
それが『王子さまLv1』です(某お姉さまの実況で知ry
ゲームなら亜美真美出せるし、後は真の脳内で掛け算でもして貰おうかと。


で、いざ作成に取り掛かったら思い通りに行かず結構手間取る羽目に。
やっぱ形にすると難しいもんです。

ってか、「10分くらいか」と思ってたら、延びに延びて16分とか……
亜美真美とゲームボーイで遊ぶ所や、
美希の登場なんて別に無くても良かったと思うんですよ。
ただどうしても、こういった所もつい作りたくなっちゃうんですよねぇ。
そりゃ時間も延びるってもんです……


ちなみに、動画内で出てきたゲーム名やキャラ名は
当て字だったり弄ったりしてます。

ホクトの拳→北斗の拳
鬼斗!男塾→魁!男塾
龍球乙→ドラゴンボールZ
夢倶楽部→ドリームクラブ
愛+→ラブプラス

華蓮→カレン
瀬怜守斗→セレスト
ハクホウ→白鳳

等など。
ま、説明しなくても大体解ると思われますが一応w


軽い裏話的な話をすると、伊織は出す予定ありませんでした。
伊織のポジションには元々Pがいて、話が進んでいく予定でした。
しかし、どうも話が上手く行かなかったので、
ツッコミに定評のある伊織が登場と相成ったわけです。
幸い、十人十色の中では何色にも染まってなかったので使い易かったです
逆を言えば、今まで出番があまり無ry


あと、初めの段階では最終的に真は「腐」から「正常」に戻るはずでした。


亜美真美と伊織がどうしようかと悩んでる時に、雪歩が登場。
事務所の下で受け取ったファンレターを真に渡す。
それは4歳くらいの子からの手紙で、内容は真の心の汚れを洗い流すものだった。
そうして、真は元に戻る……

オチは、真に新しいCMの依頼が入る。
P「喜べ真、CMの依頼だ!コイン・ケスギとリポビタ○Dで競演できるぞ!」
真「やっぱり僕はこういう扱いかー!」


こんな感じです。
今書いてて思い出した、美希のあのシーンはこのオチのための伏線だった。
しまったな、すっかり忘れてたw
どうやら結構追い詰められてたようです、お恥ずかしったらありゃしない。


何故ボツにしたかというと、ファンレターの内容が全く思いつかなかったから。
どう考えても、真の心を動かすモノが出てこなかった。
ってわけで、泣く泣くボツに。
自動的に、雪歩も出番無しという羽目に。ごめんよゆきぽ……

そして動画にあるオチですが、伊織の気持ち=自分(カラフルP)の気持ちでもありますw
今後の真の扱いどうしようw


今思えば、うp時期遅らしてでも
この話で行くべきだったかな~と悔やんでたり。

どうも「形にしたい」という欲求が強すぎた為なのか、
これまでの話とズレが生じてる気がするんですよね。
ポイントがズレてるというか何と言うか…うまく言葉に出来ませんが。

それに気付いたのがついさっき、動画を見ながらなんですけどね。


とりあえず、もう少し欲望のまま作っていこうかと思います。
合作期間、自分の作品を作れなかったストレスを吐き続けますw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

この辺にカラフルP

Author:この辺にカラフルP
座右の銘
「可も無く不可も無く」

メール
konohen.colorfulあっとgmail.com

twitter
http://twitter.com/kono_color

skype
colorful_p(この辺にカラフルP)
たまに出没します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。