--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-26

合作のあとがきや制作秘話やおまけ話

改めまして、すとっか無事終了しました
視聴された皆様、合作関係者皆様、本当にお疲れ様でした

ここでは簡単なあとがきみたいなものでも書いて、
製作秘話等は格納しておきます
『興味があって』『お時間がある方』だけご覧ください
真剣に長いです、ええそりゃもうドン引きするくらい

あとがきの前に…
全体OPやBチームのOPで、自分の名前が出た所で
「お、カラフルPだ」的な反応コメがあって嬉しかったです
少なからず名前を知られているようで、思わず小躍りしました


さて本題
念願だった合作への参加、それもBチームのトリを飾りました
作っている時はそれ程プレッシャーは感じては無かったです
寧ろ締め切りの方がプレッシャーがありましたw

自分のパートだけで、制作期間1ヵ月半くらいですかね
プロットを考え始めた時から考えれば…いや~これ程長く掛かるとは想定外

その間にも、同じチームの酒PとGulfPの文章・動画チェックがあったり、
シェリーPの若さゆえのBダッシュ、中のP・カピバラPとの殺し合いの殴り合い、
そしてせヴんPの素晴らしいイラスト…
これらの助力もあって完成することが出来ました、本当にありがとう!
特に酒Pは舞台裏でも色々と大変だったと思います
本当にお疲れ様でした、ゆっくり休んでください


コメにもありましたが、再生時間が6話だけ異常に長かった!
これはホント申し訳ないとしか言えません
これでも結構削って短くしたつもりです


あと皆さんが恐らく一番引っかかったのが、エガちゃんだと思います
なんであの発想に至ったか…正直言うと覚えてません
多分神が降りてきたんでしょう

そして雪歩改め、ハウス加賀谷
コメで「旬な芸人をだしていれば」とありましたが、自分は最近の芸人を知りません
加賀谷は知らない人もいる事を想定した上で出したので、後悔はありません
『分かる人だけウケるネタ』を作るのが自分のモットーなので、
合作でもその部分は曲げるつもりは無かったです
まぁそれでも、迷いはあったのは確かですけど…
その辺は格納している作成秘話に書いてます


そんな感じございますです
まぁ何が言いたかったかと言うと


あのカオスっぷりを纏め上げた?自分を褒めて褒めて

(ワン子風

お付き合い頂き、ありがとうございました


以下、制作秘話等などおまけ話



合作有志募集から数えると、4ヶ月くらいですかねぇ
いや~長かったです
班分けでBチームの面子を見た時は

「あ、これギャグ系に走りそう」

と、直感的に思いましたw


毎週メンバーが集まって会議
序盤で内容決めたり順番決めたりしたんですけど、
既に書いていることですが、自分がBチームのトリを飾っております
2009年4月のノベマスPの中では(恐らく)一番遅くデビューした
自分なんかがトリを飾って良いものかと思いましたが、
そこはアミダで決まったこともあり、しっかりトリを努めることを決意

ただそうなると、みんなより作成期間が短くなるのは必然なわけで、
そこが不安要素でしたね
6月から合作の作成に取り掛かり、自分が最終話を考え出したのが7月半ば
カピバラPのプロットを見て、大体の流れを決め始めてました
(その位からしないと間に合わないと思ってたので
で、本格的にプロットを組み始めたのが7月後半
ここからが地獄だったね~

既に動画を見た皆様なら存じていると思いますが、あのカオスっぷりw
一体どう纏めろと?w

AチームやCチームは、恐らく「こういう風に話を持っていこう」という
話し合いがあったと思われますが、ウチらは全くなかったんですよね
勿論世界観のルールは作りましたが、それ以外は基本自由だったので、
チェック通ればそれで良し!でしたw
なのでラストがどうなるのか、誰にも分からない
担当する自分も分からないw
あ、互いに色々と調整はしてましたよ?


とりあえず、自分の中で決め事を考えました
・トリ(オチ)なので、あまり逸脱しない(視聴者が反応できる範囲の意
・視聴者が迷わないよう、無理なく話の流れの道筋を作る
・各話から一部ネタを持ってくる(当時は伏線という認識は無い
・それでも自分らしさを出していく←ここ重要
・内輪ネタはNG
律子は俺の嫁←ここ決定項
等など
ある程度縛られてる方が、却ってやり易かったりしますしね

で、いざ作成したわけですが…いや~意外と話を作れるもんですな
結構色々な所で自分らしさを出せたのではないかと
探偵紳士ネタとかKOJI1200ネタとか(多分若い人には分からんだろうな
「電車から窓の外を見ると忍者がついてくる~」は実体験ネタです

ただ残念ながら、目標にしていた一部ネタを全話回収するのは不可能でした
春閣下もどうにかすれば回収できたんですけどねぇ、自分には限界でした


動画完成に至るまでに、かなりの変更・修正を余儀なくされました
一番大きな変更したのが2箇所あります

・会議室の真のシーン
元々ここではカラフルPと真が話し合う場面でした
小鳥さんの影響を受けている真の心をPが解し、
そこで出来た心の隙を突いて、洗脳するはずでした
何故カットになったかと言うと、Pの説得の台詞に自信が持てなかったのと、
あとは単純に再生時間が長くなりそうだったので、やむなくカット


・ラストのオチ
動画ではアイドル+αで締めてますが、
当初の予定では『青鬼』になった社長が出てくるはずでした
(知らない人は『青鬼』で調べてみよう。ニコニコにも動画あるよ
しかし、カオス設定と考えるとオチが非常に弱いと感じた為に、現在のに変更
動画のコメントで「社長は?」と書かれていましたが、
決して忘れていたのではなく、出せる所が無かっただけです
社長、メンゴメンゴ


他にもプロットからの変更は多々あったり…
あ、エガちゃんは予定通りです
既に書いてますが、なんでこの発想に至ったかはホント謎

ただ立ち絵改変は苦痛でしかなかった

それも一通り作ったのを全部ボツにして
また作り直したもんだから、二重の苦痛…
ただでさえ改変になれていない作業、
時間が掛かり過ぎて、精神的な疲労が半端なかった
DSの他のキャラも作る予定だったのを忘れる程
また夜中によく作ってたので、寝付きにくいったらありゃしない

ただ、改変した後に普通のアイドルの立ち絵を見たら物凄く可愛かったです
通常の3倍くらい


エガちゃんが思いついたことで、扱いに困ったのが雪歩
理由は今更述べなくても良いかと思います、分かる人には分かる筈
とにかくエガ雪歩は禁止
じゃあその代わりをどうするかで思案
候補に挙がったのが、
社長出演ボツで行き場を失った青鬼
そして、江頭に対抗できるのはこいつしかいないということで、ハウス加賀谷
この2組

ここだけの話、当初の予定では青鬼にする予定でした
理由は、ニコニコにおける知名度は青鬼の方が高いと思ったので…(守りの意
8割方青鬼で行こうと決めていたある日、こんなニュースを目にしました


【松本ハウス復活】


これ見た瞬間、「ハウス加賀谷で行こう!」と決断
いやもうこれは「ハウス加賀谷を使え」という(笑い)神のお導きでしょ
それにここで加賀谷を使うことが、自分を貫くことかなと(攻めの意

適当に素材を拾ってきて改変
最初はみんなと同じように顔だけの予定でしたが、
出来がイマイチだったので、髪だけ被せてみる事に(この発想になったのも謎
この時はテンションもおかしくなってるのか、改変が楽しくて仕方なかった
特に加賀谷が迫りながら髪が吹っ飛ぶシーンは、何度見ても腹筋崩壊

この流れで、じゃあラストに特別ゲストを迎えるかってことで、
ミクとゆっくりさんを出演させてみた(顔は変わってますが)。あとオマケでホメさんも
やっぱカオスと銘打ってるし、ニコニコ御三家を揃えるのもいいかもなと
まぁ立ち絵改変のお陰で、ノベマス史上稀に見る酷さっぷりでしたねw
ある種の爽快感はありますがね、恐らく製作者の自分だけだと思いますがw


・BGMやSE
自分、一番苦手なのがこれなんです
その場に合ったBGMを決めるのがホント苦手で、自信がありません
今回も合作ってことで、色々な所から持って来ようと思ってました
がしかし、にっちもさっちもどうにもブルドッグ
試聴することがもう苦痛でした

一番悩んだのが、せヴんPのイラスト場面(律子が小鳥さんを押さえる所
最初に浮かんだのが、ぷよm@sのpart8で使用されたネイティブフェイス
もうこれメッチャ使いたかった
でも残念ながら音源が見つからず断念(詳細分からなかったし

じゃあ他に何か無いかと考えた末、キャプ○2の東邦戦にしようと決意
(別に「とうほう」繋がりなんかじゃないぞ!今気付いたけど!
早速音源を聴く…うん、悪くない
他のシーンでも何か使えないかと聴いていると…
「あれ?こっちの方が良いんじゃね?」
それが動画で使用されてるBGMです
スコアメモ画面や、確かPK戦でも使われてたはずです

あとはもう流れ作業で決定



・出力編
今回の合作作業で一番驚いたのが、紙クリからの動画出力
可逆圧縮という方法で出力をしたんですが、
これが物凄い容量を食いやがりまして…
動画だけで6.91G、音声ファイルを合わせると7.15G
もうね、空き容量がカツカツな自分にとっては、
スペースを空けるのも一苦労でした
既に「まじこい(エロgゲフンゲフン」の為に7Gを空けたのに、更に7G以上を空けろと!?
ま~頑張って空けましたけどね、やりゃあ出来るもんです


締め切り1日過ぎて提出(酒Pゴメン
そこから悶える日々が始まる
時間長過ぎとか、ああすれば良かったとか、江頭スベるんじゃないかとか、
加賀谷は絶対ズベるだろうとか、他にも良いオチあるんじゃないかとか…
もう全てが不安で仕方なかった


そしてすとっか開催
以下感想
自分のチーム以外の動画を見るのは初、凄く楽しみ

まずはOP
おお~、スゲー良い!
お、参加P紹介で自分の名前が出た。実はこれ夢だったんよね~
…ん?おお!「カラフルPも出てるのか」コメが付いてる!
スゲー!マジスゲー!嬉し過ぎる!!


その勢いで第一夜、Aチームを視聴


予想以上の凄さにあたふた
Aチームハードル上げ過ぎ!
もうね、明日への不安しかなかったw



そして第二夜、Bチーム
ある程度時間が過ぎてから、1話から視聴開始

あ、ちなみに1話の動画説明欄の小鳥さんの台詞、自分が考えました

まずBチームのOPから
…うお!?「カラフルPまでいるのか」コメハケーン!!
この時点で有頂天
その勢いで5話まで一気に見、そして視聴止める…


だって怖いじゃん!自分の所のコメ見るの!


まぁそれでも見ましたけどね、恐る恐る

必殺の江頭ネタは大ウケのようで胸を撫で下ろしました
「予想の斜め上」やら「斜め上なんてレベルじゃねー」等のコメがあって
大変嬉しく思います

加賀谷はやっぱ反応うっすいですね、これはまぁ仕方ないかと
自分を曲げなかった結果なので、特に後悔はありません

ラストのオチの反応は上々のようで良かったです


ただね、コメは見れたけどIRC立ち上げれない…怖くて(未だに怖い!
同期の所もそうだし、ノベマスのところなんてもってのほか!
評価は気になるけど、それ以上に不安で仕方ないんです
誰か知ってたら教えて…



そしてラストのCチーム

うはwww自分より長ぇwwwwww
ミステリー物だから大体30分くらいだろうなと思ってたら、まさかの40分
参りました!
これは考えるのも作るのも大変だったろうな~
ご苦労様でした


そしてED
このメッセージも悩みました
最初は「律子?俺の隣で寝てるよ」にしようと思ってましたが、
回りまわって、あんなのになりました
こういうのって、大抵発表した数日後に良いのが浮かんだりするのが辛い
…まぁ現状そんな状態なんですけどね…なぜこの時に思いつかなかったし!



こんな感じですかね
いや~長くなったw
自分、出来るだけ細かく書きたいタイプなので、
どうしてもこうなってしまうんですよね、まぁ致し方なし

最後に纏めます


この合作に関わって、
結構辛かったけどそれ以上に楽しかったです!


以上!
有難う御座いました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

この辺にカラフルP

Author:この辺にカラフルP
座右の銘
「可も無く不可も無く」

メール
konohen.colorfulあっとgmail.com

twitter
http://twitter.com/kono_color

skype
colorful_p(この辺にカラフルP)
たまに出没します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。