--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-27

十人十色第6話うp

私事ですが、今日誕生日です
そして、その記念に久方振りの本編です



以下、裏話等
正直長いです
第6話の裏話

本来は単発物の作品を出す予定だったのが、
話がいまいち纏まらず、本編の新作へ予定変更
この時点でまだ固まっていなかったが、構わず紙クリ起動
作りながら、オチを考え始める


・初めに思い付いたボツネタ
Pの元へ春香から間違いメールが届く
事務所のみんなで、サプライズ的なノリでPを祝おうという内容
それを知ったPは先に事務所に入り、段ボールに隠れて
タイミングを見計らい、『実は既に居たのさ!』と登場しようと企てる
次々に事務所に現れるアイドル達の行動に段ボールの中で一喜一憂
その後、無事?に祝われたP
夜、高木社長登場。Pを激励しトイレへ
その直後、ドアの外から足音が聞こえ、Pは何を思ったのか段ボールに隠れる
足音の主は小鳥さん。Pの荷物があるのを確認、トイレに人の気配を察知
それがPだと思った小鳥さんは、事務所のど真ん中で下着姿で待ち構える
ドアが開いた瞬間、
「プロデューサーさん!私を誕生日プレゼントとして受け取ってください!」
と飛び掛ろうとするも、社長だと分かった瞬間固まる
社長、小鳥さんを会議室に連行し説教
P、段ボールから出てきて一言


という内容
話の流れ的には、第1話と同じような流れにしようと作り始めたんですが、
残念ながら序盤以降上手く話を作れなかったので断念
最初からPを出すことに変更
しかし段ボールネタを潰すのも惜しい
ということで、美希に隠れてもらうことに決定



・歌ってみた
恐らく動画を視聴した皆様が思うであろう箇所

【なぜ歌ったし!?】

本来は短編に挟もうと思っていたネタ(結構前から考えていた
オチの後にいきなり聴き慣れぬ男の声が出たら驚くかなと
「誰だwww」「きめぇwww」というコメがあったら良いなぁ…みたいな

本編を作っている合間に涼宮ハルヒの激奏「雪、無音、窓辺にて。」を見る
それがいけなかったのか、急に『舞い降りたTA☆KA☆GI』という歌詞が
舞い降りてきてしまい、無理矢理歌って動画に入れようと思った次第…
誕生日だし、少しはっちゃけても良いかな~と思ったり
んで、今動画見直したんですが、だだ滑りっぽいっすなw

しかしまぁ意外に録音と動画に組み込むのに手間取った
10回近く録り直してます。あと寝起きです
宅録って難しいですね



・仮完成以降
2度の修正後、貴音・響の場面で違和感を感じつつエンコ
その間、ゲーム(サターン)をしつつ携帯を弄る
そこで貴音の文字が目に付き、先程の違和感の正体を見つける


「貴音」が「高音」なってた


危ネー!!
またお叱りのコメントを貰うところだった
急いで修正し直す
ちなみにこの時点で、27日午前2時頃
夜通しでエンコ決定
土曜~日曜にかけて既に貫徹だったので死にそうでした


その後は、6時過ぎに起きて動画を完成→うpという流れ


正直完成しないのではと不安になりましたが、とりあえず一安心
その反動で今は燃え尽き症候群ですが


それにしても、ウチのやよいと美希は何処へ向かうのだろう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。

紆余曲折を経て完成されました動画、楽しく拝聴させて頂きました。
毎度毎度ディープなネタに感心させて頂いております。
新たに歳を重ねると共に新たな作品も加えられ、一段とご経験を積まれたと思います。
これからの貴殿のご活躍に期待しております。

Re: No title

>水ようかんさん
どうもありがとうございます

始めの頃はディープにするつもりなかったんですけどね、いつの間にか…w
経験を無駄にすることに定評のある私ですので、先が不安ですw

ご期待に添えるか分かりませんが、自分らしくやっていきます。              特に短編
プロフィール

この辺にカラフルP

Author:この辺にカラフルP
座右の銘
「可も無く不可も無く」

メール
konohen.colorfulあっとgmail.com

twitter
http://twitter.com/kono_color

skype
colorful_p(この辺にカラフルP)
たまに出没します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。